ペット可でも気をつけたい犬・猫を飼うときの注意点

ペット可でも気をつけたい犬・猫を飼うときの注意点

ペット可物件に引っ越せば、気兼ねなく犬や猫を飼うことができると楽しみにしている人はいませんか?ペット可と言えども近隣への配慮や、守るべきルールがあるのをお忘れなく。
犬や猫を飼う際に、気をつけておきたいポイントをまとめてみました。

犬の飼育への苦情No.1は吠え声

集合住宅にて何かとエスカレートしがちなのが、騒音トラブルです。犬を飼っている人は犬の吠え声はペットの声として容認できますが、犬を飼わない人にとっては騒音に過ぎません。騒音トラブルは大きな揉め事に発展しやすいので、集合住宅で新しく犬を飼うのであれば、吠え声が小さい犬種を選ぶぐらいの気遣いが必要。そこまでできないというのであれば集合住宅には住まず、一軒家を借りて住むなど、自分も他人も気持ち良く過ごせるような工夫が大切です。

犬の毛の手入れや匂いにも要注意

長毛種の犬は毛の手入れが大変なせいか、散歩に出たついでに路上や公園などでブラッシングしている飼い主がいますが、これはマナー違反。自分の家で毛が飛び散るのが嫌なのであれば、外でも飛んでくる毛に対して不快な思いをする人がいるという想像力を持ちましょう。また犬好きな人は気がつきにくいものですが、犬の毛の臭いは他者には不快なもの。
特に大型犬を飼っている人は散歩帰りは犬の体をデオドラントシートで拭くなど、集合住宅のエレベーターホールや廊下などの共有部分で、近隣に迷惑をかけないよう配慮しましょう。

猫は室内飼いがマストです

犬と異なりリードにつなぐ習慣がない猫は、部屋の外に出せば好きな場所へと移動してしまうため、時にはベランダの植木をいじったり尿をかけたりと、迷惑行為が発生する可能性があります。また猫は糞の臭いが強いこともあるので、糞尿の害で近隣に迷惑をかけないためにも、集合住宅で猫を飼う人は必ず室内で飼いましょう。雄猫は発情期ともなると特徴のある大きな鳴き声を立てるので、これはかなりの近所迷惑となります。
去勢手術を受けさせればやみますので、早い段階で獣医さんに相談しておきましょう。

エレベーターにはなるべく乗せない

猫の毛にはアレルギー反応を持つ人もいるため、猫を連れて外出するような場合でも、集合住宅のエレベーターにはなるべく乗せないよう心がけましょう。軋轢を避けるためには階段を使うぐらいの気遣いが欲しいものですが、どうしても乗せる必要がある場合は必ずケージに入れて運ぶこと。これは犬も同じことで、動物が苦手な人にとっては狭い密室で動物を一緒になるのは耐え難いものなのです。
毛のお手入れと同様、他者がこうむる迷惑について、想像力を働かせましょう。

環境にも左右される、ペットへの態度

都会のような人口密集地には当然ながら集合住宅が多いものですが、新しく開発された土地だと若い世帯が多いせいか、比較的ペットに寛容なようです。古くから住む住民が多い土地で狭い区画が多い場所だと、ペットを飼うのにあまり適していない上に、騒音や臭いが近隣に届きやすいのが問題。家と家との距離が充分あり街路も広いと、他者のペットとも距離を置くことができるせいかトラブルも比較的少ないという調査結果もあるぐらいですので、ライフスタイルが似た人が住む土地を選ぶことも、ペットとの生活を快適にする一つの方法かもしれません。

記事まとめ

犬、猫いずれも飼い主にとっては可愛いペットですが、関心のない第三者にとっては迷惑な存在になる場合も。そうならないためには普段からマナーを守ることが必要ですし、当然の権利だという態度でいると、トラブルの元になりがち。集合住宅でペットを飼う場合は、謙虚な気持ちで近隣に接するように心がけましょう。
もしくはペットOKであると大きく謳い、住民の大多数がペットを飼っている世帯である物件に住むことも、賢明な選択かもしれません。

参考

https://chintai.mynavi.jp/contents/sumaioyakudachi/20161014/s806/
https://c-1012.bengo4.com/li_157/
http://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00072/