憧れのペットが居る生活!賃貸で物件を選ぶときのポイント

憧れのペットが居る生活!賃貸で物件を選ぶときのポイント

最近は賃貸物件でも、ペットを飼うことができるものが増えてきました。ところで比較的新しい物件だと全戸がペットOKという物件も多いのですが、古めのもので段階的にペット可になってきた物件は、住民の全員がペットに親しんでいるわけではない場合も。入居してから居心地の悪さに気がつくことのないよう、物件選びの段階でトラブルが起きなさそうな住宅を選ぶためにも、チェックすべきポイントをまとめてみました。

まずは規約をチェック

最初から全戸がペット飼育OKと謳っている物件ならよいのですが、中古アパートやマンションではそれが解りにくい場合も。そんな時は仲介業者に頼んで、規約を見せてもらいましょう。古い物件だと、覚書を添付する方法などであとからペットに関する決まりが追加されていることもあるので、規約にペットについて記載されていない場合には、仲介業者を通して管理会社に確認を取っておくのが肝心です。

どんなペットがOKなの?

集合住宅の種類によっては、ペットの種類を制限しているところもあるので要注意。たとえばアパートでは近隣の音が聞こえやすいので、吠える声が大きい犬や、大型の鳥類などを飼うにはふさわしいとは言えないでしょう。
また、規約に「小型動物のみ」「ケージ(かご)に入れて飼える動物のみ」と記載している物件もあります。どこまでが小型動物なのか解りにくい場合は、自己判断せず必ず確認しておいた方が無難です。
もし事前にどんな動物が多く飼われているかが解るようなら、仲介業者を通して調べておくとよいでしょう。例えば犬を飼っている人が多いと、皆さん犬に対してはやや寛容になるもの。
犬と共にその物件に住みたい人にとっては、居心地のよい環境になる可能性が高いと言えるでしょう。

挨拶の際にペットのことを伝えること

人間は事前に知らされるか、いきなり知らされるかでは情報に対しての感情的な反応が変わってきます。ですのでペットを既に飼っている人、これから飼うことが決まっている人は、引越しの挨拶の際に何を飼うのかを近隣に伝えておくべき。犬嫌いの人の隣室に新しく引っ越してきた人が、犬を飼う人だったとあとから知ると、拒否感が高まってしまいますが、事前に知っておけばいくらかでも納得しようという気持ちが生まれます。
引っ越してきた側もお隣が犬嫌いだと知ったら、その人の生活時間帯を把握して、なるべく出くわさないぐらいの気遣いが欲しいものです。集合住宅に住む以上、自分の権利だけを振りかざすのではなく、なるべくことを荒立てないようにするのも、気持ちよく生活する知恵なのです。

記事まとめ

飼い主はペットに関しては盲目的になりがちで、うちの子が迷惑をかけるわけがないと思い込みがち。ところが特定の動物を苦手とする人にとっては、目にするだけでも怖い、嫌だという感情が湧いてしまうもの。
ましてや騒音や悪臭などのトラブルが起こってしまうと、近隣との関係を修復するのは容易なことではありません。軋轢を生まないためには最初からペットを飼う人が多い物件を選ぶなど、環境を確かめることから始めるのも大切です。